必ず見つかる更年期治療│嫌な耳鳴りを治して快適生活

黒髪の女性

目も年老いる

白内障と緑内障

女性

白内障と緑内障、この二つの病気を聞いたことがあるでしょうか。どちらも目の病気としては有名なもので、特に高齢者がかかりやすい病気です。白内障では目の中にある水晶体(レンズ)が白く濁ってしまうことで、視界がかすむ、明るいところでまぶしさを感じやすくなる、ものがぼやけて見える等の症状を示します。緑内障とは目から入った情報を脳に伝える視神経に異常が起きて視野が狭くなる病気です。どちらも初期で発見することが難しく、かなり進行が進んでから初めて気づくという場合が多いです。どちらも放っておくとどんどん目の機能が低下していき、特に緑内障では失明してしまう場合もあります。白内障も末期になると視界一面が真っ白の霧で覆われたようになり、実質的にものがほぼ見えなくなってしまいます。

原因と治療・予防法

白内障の原因は先天的なもの、栄養的なもの等もありますが最も多いのは加齢によるものと言われています。緑内障の原因は諸説ありますが中でもよく言われているのは眼圧(目の中の圧力)が時刻や年齢、遺伝、季節といった様々な要因により上昇し、目の神経を圧迫することです。 白内障と聞くとすぐに手術が必要だと思うかもしれませんが初期の段階では点眼薬によって進行を遅らせることができる場合もありますし、日常生活に支障が出ない限り早急に手術を受ける必要性は薄いです。症状が目立つようになってからでも手術によって治療は可能です。 一方緑内障ですが一度傷ついた視神経は再生しないため、治療は不可能とされています。しかし薬や手術によって眼圧を下げることで進行を遅らせることは可能です。 どちらの病気も早期発見が進行速度に大きく影響します。早く発見できれば早く治療が始められ、深刻化をある程度予防できるのです。